ウォーターサーバーは、水ボトルの取り替え方法が違う

ウォーターサーバーと言うものに様々なデザインがあり、どれにしていいのか迷っている人たちも多いようですが、ボトルの形状にも違いがあると言うことを知ることもとても大事なことになります。

まず、ウォーターサーバーボトルには、使い捨てボトルと、使用後に回収される再生するボトルとの2種類が存在します。回収するものか、捨ててしまえるものか、妊娠している人たちもここで判断は大きく分かれるのではないでしょうか。リターナブル方式と言われるものが、再び業者が回収して、洗浄して使用するものであり、ワンウエイ方式と言われるものは、使用した後、小さく折り畳むこともでき、廃棄することが可能になります。どちらにもメリットデメリットはありますが、回収する方式では、空のボトルを保管する場所も必要となります。ただし業者が水を配送してくれたものに対して、随分しっかりした容器なので積み重ねることもでき、それ程スペースを必要とすると言う程ではないと思いますが。

ウォーターサーバーのどの部分にセッティングすればいいか

ウォーターサーバーを導入する時に、どの位置にセッティングすればいいかと言うことも大きな問題となります。ペットボトルなどしっかりボトルを使用している時、新しいボトルを逆さにして、ウォーターサーバーの上部にセッティングします。水ボトルも12Lタイプが主流であり、女性や、妊娠している人たちなどは特に、重たく負担のかかる作業と思えるケースもあるようです。更にボトルの差し込み口に水が残っているか否か、衛生面の問題でもしっかりチェックしなければなりません。

一方ではボトルが柔らかいビニール素材でできているタイプのウォーターサーバーがあり、このようなウォーターサーバーなら、様々な方法があります。引き出しにボトルをセッティングする場合もあり、水のキャップが下になるようにボトルを逆さまにしてセットする場合、水のキャップが上にしてセットする場合があります。 セッティングする時に、キャップにニードルをさす必要がありますが、ボトルがやわらかいからこのような作業に結構苦労する人たちもいるようです。このようなことが妊娠している人たちにとって、すんなり行く問題かと言うことも導入する以前に検討しなければならない問題なのではないでしょうか。そのような点がうまく工夫されているウォーターサーバーも最近登場して来ているという話しです。

妊娠している人たちはウォーターサーバーのこのようなことも注意したい

ウォーターサーバーは意外にもいろいろ危険性を孕んでいると言うことも注意をしなければなりません。排熱用の金網に注意をして導入している人たちはいらっしゃるでしょうか。 それはウォーターサーバーの後側に設置されているものですが、排熱用の金網で、主を切ってしまうという事故が起こっています。コンプレッサーやヒーターなどで火傷を起こすケースなども報告されています。更に注意しなければならない問題はウォーターサーバーの転倒であり、身体が自由とは言うことができない妊娠している人たちなど、特にこのような問題を配慮しなければなりません。最近地震も多いですから、ウォーターサーバーが凶器にならないように最善の配慮が必要になって来ます。

ウォーターサーバーは縦に長いではありませんか。だから倒れやすいと言うことは、導入する以前に想像がつくことではないでしょうか。そしてタンクの位置が上にあると言うことで、タンクが満水になっている時の方法が、ウォーターサーバーのバランスがより損なわれることになります。このように考えると、ウォーターサーバーがより安定しているものはタンクが上ではなく下方にあると言うことであり、妊娠している人たちなどはこのようなウォーターサーバーを導入するのが安全対策です。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.