ウォーターサーバーで白湯に挑戦

赤ちゃんを持つお母さんは、赤ちゃんに一番いい飲み物を与える為に真剣なのです。お母さんは母乳だけでなく、白湯を赤ちゃんに飲ませるということをしているようですが、ここには一体どのようなメリットがあるというのでしょうか。

お母さんと子育ての話しなどする場合に実際に白湯はとても最近よく聞く名前です。そしてお母さんは、実際に白湯を赤ちゃんに与えていいものかどうかということを悩んでいるようです。 それは水分補給は基本母乳からという教えに従っている為です。

まず、白湯に挑戦するメリットは、哺乳瓶に慣れることだという人たちがいます。完全母乳が理想かもしれませんが、母乳が途絶えてしまった時の緊急事態を考えていかなければなりません。その時、既に赤ちゃんが哺乳瓶に慣れているということはとても大事であり、母乳が出来る時よりそのようなレッスンをする必要があります。

赤ちゃんが困ったことに便秘になる時があります。そのような時、母乳を与えることではなく、砂糖水を混ぜたものを与えることで便秘が解消されると言いますが、その時も哺乳瓶に赤ちゃんが慣れてくれていないと先に進むことができません。母乳から、離乳食へ移行という期間ある訳ですがその境界線の部分で、味に慣れるということで白湯、薄めたジュースなど与えることになりますが、その時でも哺乳瓶に慣れていることが一番大事なことになります。哺乳瓶って、ゴムの臭いもあり、口に含めば感覚が違うので、かなり。レッスンも必要と言われています。完全母乳と思っても、それが途切れることがあり、その為に哺乳瓶の準備をしなければなりません。

白湯を赤ちゃんに与えていいのか否か、意見が分かれているところに難しさがあるようです。白湯とは、水よりも温かく、お湯より冷たいことより、赤ちゃんにとって飲みやすいものです。殺菌という面で捉えても、白湯は申し分ありません。そして白湯を飲ませていいという意見は、水分補給を重視したものが多いようです。汗をかく季節などは赤ちゃんもより以上積極的に水分を取る姿勢はとても大事なことです。母乳で水分補給が出来ないと言うことではありません。しかし脱水症など起こる懸念を考えると、より白湯が理想ということになります。

どのような時期で白湯を飲ませるのがいいか

赤ちゃんに白湯を与えるとしてどのようなタイミングで与えるのがベストなのでしょうか。それはもちろん赤ちゃんが水分が不足していると感じられる時です。ただし実際に水分が不足している時に水分を与えるということではかなり致命的になる可能性もありますので、日々コンスタントに水分を与えるモチベーションは大事なことになります。

特に暑い夏など用心をしなければなりません。お風呂から上がった時、更に外出から帰った時など積極的に赤ちゃんに白湯を与えてください。

まず赤ちゃんにはじめて白湯を与える時、赤ちゃんの唇に少し湿らす感じでつけて反応を窺ってください。嫌がらないなら、その後口の中に含ませてあげてください。 一度に白湯を口の中に入れてしまうことによって、最初むせるということになりますので用心しましょう。スプーンで最初に挑戦をして、大丈夫なら今度は哺乳瓶で挑戦してみましょう。

白湯を飲ませない方がいいという意見もあるので参考にしてください。白湯を飲ませない方がいいという意見の中には、水の安全性を懸念してのことのようです。水道水で白湯というのでは、塩素、カルキというものが含まれて、沸騰することによって除去されるかと言えば、実際にはそうではないようです。そして、鍋に含まれている雑菌、スプーンについている雑菌などによって、赤ちゃんに白湯を与えることによって赤ちゃんが体調不良になることがあります。

そのような噂があれば、やはりお母さんは安心して赤ちゃんに白湯を与えることができないというのも理解出来る話しです。赤ちゃんは大人の人たちとは違い、免疫が万全ではありません。消化器官現在成長過程ということなので、しっかり管理された水オンリーを飲ませる必要があります。

そしてもう一つ赤ちゃんに白湯は必要がないという人たちは、赤ちゃんは白湯を飲ませるまでもなく充分に水分が足りているという判断です。一方では母乳、ミルクで充分に水分は足りているという意見があります。 水分が必要なら母乳を上げればいいまでのことです。赤ちゃんは免疫が弱いから、何でもないようなことに対してアレルギー反応を示してしまうこともあります。

水だから大丈夫ということが全然言えないのです。ペットボトルで購入したミネラルも、赤ちゃんの胃腸に合わないということが起こってしまうことになります。赤ちゃんのアレルギー反応は、実際には、離乳食をスタートした頃起こりやすいとも言われていますのでお母さんは真剣になってこのような問題に取り組んでいかなければなりません。離乳食をスタートするまで白湯も避けるべきだという意見もあります。アレルギー体質を特に持っている親から生まれた赤ちゃんにはこのような配慮をする必要があるのかもしれません。

最近はウォーターサーバーを導入するという方法がありますので若干事態が変わって来たとも言えるのではないでしょうか。ウォーターサーバーで、安心な水をすぐに用意することが出来ます。ただし、ウォーターサーバーでもしっかりメンテナンスを行わないことには、雑菌が繁殖する可能性がありますので決して油断出来る話しではありません。赤ちゃんに白湯を与えるということはデメリットの声も聞きますので、より専門家などの意見を聞き、判断するといいでしょう。そして、やっぱり、水道の水、ペットボトルの水よりもおすすめ出来る水はウォーターサーバーだということは間違いあります。既に、お母さんたちはそのような情報を知り、ウォーターサーバーを妊娠している時から積極的に導入しています。ウォーターサーバーは、妊娠している人たちにとってもとても大きなメリットがあります。

粉ミルクに混ぜるのは、水道水でOK?

赤ちゃんの粉ミルクを与える時に常温のミネラルウォーター を入れ、ふるだけという人たちもいます。でも多くの日本の人たちは、粉ミルクの為に、 基本沸騰させて、50℃程度に冷まして使用するケースが多いようです。市販のペットボトルって、水道水とあまり大差もなく殺菌がされてなく、免疫が弱い赤ちゃんなどに与えるのは相応しくないと言われています。やはり赤ちゃんの為に沸騰消毒は大きな意味を持っているようです。

ウォーターサーバーには、温水タンクと冷水タンクがあり、 ボトルタンクまで配管で繋がっています。温水は約90度、冷水は約5度で維持されることによって、常温で維持される水よりは、 雑菌は繁殖しない作りになっています。赤ちゃんに与える常温とは、水道水、ペットボトルの水のことではなく、ウォーターサーバーによって暖かい水を、冷たい水で調整した丁度いい水のことです。ウォーターサーバーで自在にいろいろな温度の水をスピーディーに調整して赤ちゃんに与えることができるのが大きなメリットです。ただし、ウォーターサーバーの中にもガロンタイプなど雑菌が繁殖する可能性が言われている為、油断せずしっかりメンテナンスを行うなどしてください。赤ちゃんだからこれ程までに慎重になる必要があります。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.