赤ちゃんのためにしっかりミルク作りのことも知っておきたい

粉ミルクにどのようなものを選択するかということも大事なことです。赤ちゃんは、母乳、ミルクしか栄養を摂取する方法はありません。別にミルクと言わず、充分に母乳が出れば、それで問題はない訳ですが。

やはり、粉ミルクというものに無関心でいることは出来ないでしょう。大きい缶の粉ミルクの方がコストパフォーマンスでメリットは高いかもしれませんが、使い勝手ということであれば、スティックタイプなどおすすめです。

そして、どのような水でミルクを作るのかということも、デリケートな赤ちゃんだからとても大事なことになります。以前のお母さんなら、水を煮沸して使用するというケースが多かったようですが、消毒の為の塩素が気になり、ミネラルウォーターや、ウォーターサーバーの水を使用するというケースが段々と増えてきたと言われています。

軟水、硬水、水の種類に注意

ミネラルウォーターには軟水、硬水があることに注意が必要です。マグネシウムとカルシウムによって水の硬度が変わって来ます。硬水もケースバイケースであり、赤ちゃんのミルクの場合、吸収率が下がり、成分バランスを破壊してしまうかもしれませんので注意が必要です。

赤ちゃんのミルクの場合硬度100以下の軟水を使用するようにしましょう。海外のミネラルウォーターが安いからいいというケースもあるかもしれませんが、敢えて、価格よりも重視しなければならないことがあります。

ペットボトルの水はウォーターサーバーか

ペットボトルの水かウォーターサーバーの水かということであれば、赤ちゃんのいるお母さんなどは、やはりドラッグストア、スーパーマーケットなどで、ペットボトルの水を購入することは、赤ちゃんを連れている場合もあり面倒くさいと言う声が多く聞こえて来ます。ペットボトルを購入すると、他の食料品が重たくて買えないという場合もあります。

そのような時、ウォーターサーバーなら、全然そのような問題を気にしないで済みます。ウォーターサーバーは、ペットボトルと違い、コック一つで温水、冷水自在に利用出来るというのも大きな魅力です。赤ちゃんの為に早くミルクを作らなければ・・・という時、焦りなく利用出来るものがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りの為に一番適しているグッズと言えます。

ウォーターサーバーが優れている理由

ウォーターサーバーの水の多く天然水で産地、硬度を選択することが出来、赤ちゃんの為に一番理想の水を目指して行くことが出来ます。吸収率の高い軟水の水を是非赤ちゃんの為に選択してあげていただきたいと思います。美味しい水を選択するということでもウォーターサーバーにメリットがありますが、更に質、衛生面を追求出来、最近特に心配事である放射能不安など感じずウォーターサーバーを利用することが出来ます。やはり、赤ちゃんに与える水だから放射能も懸念するべきなのではないでしょうか。水道水の水は、本当に安全かどうか不安という人たちも多くいます。

赤ちゃんの為に特別離乳食を用意しなければならないというのは、大きな負担です。その時、お湯がすぐに用意出来るウォーターサーバーに大きなメリットがあります。お湯で溶くだけで、野菜のすりつぶしが出来るフリーズドライのものなど有効的に利用しましょう。 お湯と冷水が同時に存在しているから、お湯と冷水を混ぜて丁度いい温度に調整することが出来ます。お母さんたちは、赤ちゃんの為に、いろいろ迷いに迷った結果、ウォーターサーバーを導入することにしたようです。そしてそこに間違いはありません。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.