赤ちゃんのためのウォーターサーバーは軟水を選択

ウォーターサーバーならどれでもいいと言うことではなくて、軟水、硬水があると言うことにも注意をしましょう。天然水であり、かつ軟水を選択するという姿勢がお母さんにとってとても大事なことになります。硬水を選んでしまうことによって、カルシウムなどのミネラル成分が多く入りすぎて赤ちゃんにとって強すぎる、飲みにくいものとなってしまいます。赤ちゃんがすぐにお腹を壊す原因ともなってしまうことがあるので注意をしてください。

加熱殺菌処理した水を選択したい

ウォーターサーバーの中には加熱殺菌処理した水と、 非加熱殺菌処理の水があると言うことにも注目していただきたいと思います。やはり赤ちゃんのためにお母さんは加熱殺菌処理をした水を選択することになります。安全性のためにそのようなウォーターサーバーを選択するのは当然なのではないでしょうか。加熱殺菌処理をした水だからと言って、ミネラル分が減るとかそのようなことは一切ありませんので安心して求めてください。

ボトル式とパック式

赤ちゃんの安全のことを考えると更にここで選択したいウォーターサーバーはパック式だと言われています。ボトル式と何が違うのかといえば、空気がボトルの中に入り、酸化してしまう率が高くなると言われていることです。ボトル式の方法が段々と水の鮮度が落ちていくとも言われています。そのような水を赤ちゃんに飲ませることには大きなリスクがあります。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーと言うのであれば、出来るだけ容量の小さいパック式を選択することが正しい方法です。容量が小さいから赤ちゃんが最後まで新鮮な水を飲み続けることができるようになります。そもそも安全、安心のためにウォーターサーバーを選択したのではないでしょうか。選択ミスによりそうでないウォーターサーバーを置くことにもなってしまうので、本当に注意して決定をしてください。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.