災害時に利用出来るウォーターサーバーへと

ウォーターサーバーを導入する理由として妊娠している人たちが、胎児の為にというケースがあります。更に赤ちゃんの為にウォーターサーバーを導入という人たちがいます。段々とそのように、赤ちゃんを中心にしてウォーターサーバーを導入するお母さんが増えてきたと言われていますが、更にウォーターサーバーは災害の時、備蓄の水として家庭の中で大いに発揮することになります。ウォーターサーバーは、いろいろとプラスアルファの期待が出来るから、導入した人たちが後悔するということが一切ないアイテムと言えます。

何に対して想定しなければならないかと言えば、やはり日本は地震大国であることを一日たりとも忘れてはいけないことであり、その為の最善の準備をしなければなりません。東日本大震災があり、日本人の地震に対しての意識もちょっと様変わりしたとも言えるのではないでしょうか。みなさんは、地震に対して現在どのようなモチベーションでいるでしょうか。

地震に自体にこの上もない恐怖は存在していますが、いろいろ報道をみていると、その後の飲料水などが思い通りに被災者に行き届かないというのも大きな恐怖です。ただし、今後の教訓としてこのような問題はもうちょっと独自の対策によって改善の余地があるとも言えるのではないでしょうか。まだまだ意識が希薄という人たちもいるかもしれませんが、備蓄ということを地震の為に私達がしっかり考えていかなければなりません。起こった時に何か国がしてくれるだろうということを期待していては、そのような危機から乗り切ることは出来ません。私達が事前に何かをする姿勢がやはり今後地震が起こった時の対策の為に問われるのではないでしょうか。

日本は忘れてならない地震大国なのです

もう一度言いますが、日本は地震大国であり、それなりの対策を取る必要があります。そして大きな地震は東海地域、関東地域において近く起こるということが言われています。日本は地震の活動期に入ったとも言われています。防災意識、食料、飲料水に対して備蓄意識が薄い人たちは決してこれからでも遅くはありませんので、積極的モードで取り組んでいただきたいと思います。

ウォーターサーバーのボトルドウォーターはとても備蓄に値するアイテムであり、これぞウォーターサーバーは一石二鳥と呼べるのではないでしょうか。備蓄という意識に囚われると、何か窮屈感を感じる人たちもいるかもしれませんが、ウォーターサーバーのボトルドウォーターはいわばそのようなものでなく、常に日常生活で利用する水ということになり、かつ常に備蓄も期待出来てしまう水です。ウォーターサーバーを注文することによって、セッティングされた水もすぐになくなるということにはなりませんので、常に備蓄の為の水と同時並行出来る感覚です。

災害時にどのような対策をしなければならないか

水を一体どの程度用意しなければならないかということですが、ライフラインが寸断されて復旧するまで一週間程度と言われていますので、その間をどうにかやりくりをしていかなければなりません。一日最低レベルで14リットルの水の確保が、生活水と別に必要とも言われています。つまり水は出来るだけ多く確保する必要があり、スペースを必要とするため、実際に備蓄しているという人たちも蓋を開ければ結構量が少ないと言うことがあるようです。

消費期限というのも同時に意識しなければならないですが、ペットボトルの水を購入して、ただ備蓄という姿勢でいることに大きなストレスを感じてしまうケースが多いようです。ウォーターサーバーの場合、常に備蓄イコール使用する水なので非常にストレスなく循環性を持たせることが出来ます。ウォーターサーバー水が少なくなれば、すぐに業者の人が新しい、新鮮な水を運んでくれることが大きなメリットです。おそらく消費期限ということなど一切考える必要はないのではないでしょうか。

震災が起こり、すぐにドラッグストア、コンビニに駆けつけ、ペットボトルの水を購入というのでは、おそらく遅すぎでしょうね。震災時にペットボトルの水がそんなに簡単に手に入るとは考えられません。私達は日常生活において水の存在をあまりに当たり前化し、軽視し過ぎていることにより、思わぬミステイクが起こることになります。

停電時、ウォーターサーバーは大丈夫か

ウォーターサーバーは、実際に電気が必要であり、電気で冷水、温水にしていますので、停電となれば常温の水ということになります。ここでウォーターサーバーが停電時に給水出来るかと言うことも追求しなければなりません。電子的機能を持っている場合、停電時に給水出来ない場合もあります。どのようなウォーターサーバーにしようか検討を考えている人たちは、そのような事態に備えて、給水時に可能か否かをしっかりチェックしておくようにしてください。そしてもう一つ停電時の懸念事項は内部クリーニング機能が使用出来ないことによって、開封された水に雑菌が繁殖してしまう可能性があるということです。セッティングした水が通電されていない場合、出来る限り早く飲むことをおすすめします。そして、停電して、通電された時などウォーターサーバーに負荷がかかり、故障する恐れもありますので、停電時にコンセントを抜くなど対策も必要です。

ウォーターサーバーの消費期限

開封した水、開封してない水、ここに大きな違いがあります。開封前ということなら、ウォーターサーバーの水は、一年程度放置してあっても大丈夫です。しかし、そのような場合でも期限は半年程度としているところもありますので、あらかじめ業者にしっかりチェックしておくようにしてください。

ただし、ウォーターサーバーの水は、一度開封すれば期限はもっと短く設定されています。2週間、3週間程度で飲むようにしてください。みなさんが思っている以上、期限は早くやって来ます。開封してあるものに対して、それ程備蓄として有効性がある訳ではありません。

そして更に天然水と、RO水に対して消費期限の差がありますので注意をしてください。天然水の場合、3カ月から6カ月程度が消費期限と言われています。RO水の消費期限は1年程度と言われ、ここに大きな期限の差があります。つまり備蓄のことを含めて考えると、RO水を選択することが効率的です。

赤ちゃんをお持ちの方々が、ウォーターサーバーを導入する為にもRO水を選択することをおすすめします。そこには水の硬度という違いがあります。 カルシウムとマグネシウムの量によってそれは変化して行きます。残留塩素などの不純物の99%以上を除去する事が可能、これがRO水のメリットです。RO水の硬度は、基本ゼロの 純水ということになります。

赤ちゃんの為には硬度は低ければ低い程いいと言われています。赤ちゃんはまだ胃腸の機能が発達していない為に、高い硬度の水を飲ませることによって、身体を壊すことがあります。妊娠している人たちがウォーターサーバーを胎児の為に求め、赤ちゃんの為にお母さんがウォーターサーバーを求めます。ウォーターサーバーは、赤ちゃんをしっかり優しく守ってくれるアイテムです。そしてお母さんは、赤ちゃんをこの地震大国からも守っていかなければなりません。その為にもウォーターサーバーはグッドアイテムです。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.