ウォーターサーバーってどの程度の電気代がかかるものなの?

はじめてウォーターサーバーを導入しようと思っている人たちなどは特に 格好よさでウォーターサーバーを決定してしまうかもしれませんが、それは正解ではありません。機能性をしっかり追求しなければならないですし、水の違いも検証しなければなりません。

そしてそれぞれウォーターサーバーを使用してかかる電気代について追求していかなければなりません。ウォーターサーバーは、24時間、冷たい水、熱いお湯が出てとても便利ですが、それだけ結構高い電気代がかかってまうような予感がします。

昔から電気ポットがありますが、それも電気代がかかる家電だと言われていました。ウォーターサーバーと言う存在は、電気ポットと比較してどの程度電気代がかかるものなのでしょうか。

電気ケルトと比較してみよう

電気ポットをウォーターサーバーと比較すれば、電気ポットには保温機能が存在しません。消費電力は1200Wほどかかることはかかりますが、沸かしている時に電気代がかかるだけです。1Lほどを沸かしても2~3円程度かかるぐらいです。ただ必要な時に沸かすことになり、その為に数分いつも時間を要すると言うことに利便性を感じません。そしてヤカンのような形をしているので、子供さんがいる家庭ではなかなかおすすめ出来る方法でもありません。

電気ポットと比較してみよう

電気ポットの場合は、電気ケルトと比較して、保温機能がついているだけ電気代がかかることになります。1000W程度で消費する電力が高いと言う訳ではありませんが、ずっと保温し続けることによって、毎日20円程度お金がかかることになります。沸かす時にも10円程度かかり、月1000円程度かかってしまうことになります。

ウォーターサーバーの電気代にお得感はあるのだろうか

電気ケトルも、電気ポットも使いがってのあるものかもしれませんが、やはりそれ以上メリット多きものと言えばウォーターサーバーです。最初に結論を言ってしまえば、ウォーターサーバーの電気代は電気ポット程度と考えてください。お湯だけでなく、冷たい水もウォーターサーバーでは利用できるので、電気ポットよりもより使いがってのあるアイテムです。冷水も出るので電気ポットよりも電気代が高くなると言うイメージがありますが、それ程電気代がかかると言うものではありません。当然それぞれ使用する人たちの頻度によって電気代は変わっては来ますが、最近のウォーターサーバーはかなり進化もして来ているので、電気代に関しても追求すれば、よりコストが低いものを選ぶことが出来ます。

ウォーターサーバーは導入すれば年中使用するものの為、より電気代を意識すると言うことは大事なことです。今ウォーターサーバーの電気代に関心を持たない限り、後から後悔をして、ウォーターサーバーで快適ライフとまでは行かなくなってしまうかもしれません。

新しいスタイルを選択する

最近は消費電力を削減して電気代を安く抑えるものが登場して来ているので、そのようなものを選択するのもポイントです。月に約350円~500円の電気代で抑えることも不可能ではありません。ウォーターサーバーはレンタル料金が無料であり、水自体もとてもお手ごろ価格で、更に電気代が安いから、現代社会にとてもフィットしているアイテムと言えるのです。

ウォーターサーバーって停電の時でも使えるの?

停電になってもウォーターサーバーが使用出来ない訳ではありませんが、次第に常温に近付いて行くことになりますので、停電が判っているのなら、電源プラグを抜いておくことをおすすめします。ただしその時ボトルを抜く必要はありません。水の消費期限は、サーバーにセットした場合では2週間~3ヶ月程度です。

Copyright © 妊婦、赤ちゃんに嬉しいウォーターサーバーガイド. All rights reserved.